スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふかふか谷の物語 25


ちょっとまって、
教えてくれたっていいだろ、
どこにでもいてなんでも知ってる小さな虫くん!

ツナスキンは叫びましたが
どこにでもいる小さな虫の姿は消え去っていました。

あーこれからどうしよう。

ツナスキンはぼんやり空を見上げました。

この空はきっとふかふか谷につながっていて、、、
ふかふか谷ではきっと僕の旅の話題で持ちきりで、、、
ツナ缶を楽しみに待っているだろうな、、、
この雲は、、、
この雲の形は、、、
なんだかよくわからない形は、、、
タマちゃんのぶち模様みたいだ、、、
みんな元気かな、、、
、、、、、、、、、、
そうだ、手ぶらでは帰れない。

ツナスキンは覚悟を決めて、背筋をにゃんと
伸ばしました。
五感をとぎすし、耳をくるりと回すと
水のせせらぎの音がどこからかかすかに
聞こえてきました。
なぜかふかふか谷のある方角もわかりました。
自信にみちあふれたツナスキンは水のせせらぎの音
の方へ走り出していました。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

toonnote

Author:toonnote
小型電気釜で陶器を作っています。陶器、カフェギャラリー、うちの猫みん、など日々感じることを綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。